スムーズな査定の進め方【ミライース購入編】

効率的な商談を行うためには
乗用車の見積りの申しこみをする場合は、査定担当者の対応を見て様子をつかむことが大切です。
やっぱり、査定をするのは人です。その人の独自性にもよりますが、感覚を捜すことで、いくぶんかの査定額の偏向を理解することができます。もし、見積もりの際、担当者に誠意の様子を感じられないような場合は、高値は期待できないでしょう。

 

そのような段階で、取引を打ち切って、他の業者に変更した方がいいかもしれません。感触のよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピールポイントを主張してもそれが通ることは難しくなります。査定士はプロフェッショナリストなので、誘引しなくても根本的にに査察アップの点は見逃しません。

 

商談終了させるべきタイミング

最後を急ぎすぎて焦って成約すると、後ほど他のディーラーの査定額をみて惜しむことになるので、感じが悪い時は、あっさり切り上げる方が無難です。査定スタッフに対しては、ある程度は良いところを申告してもいいのですが、あまりに往生際が悪すぎると反対に印象が悪くなるので、気をつけなければなりません。

 

評価担当者は出来る限り早く契約書を便宜したいと思っています。そのため、良い感触を得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。

 

 

ミライースの新車を通常よりも50万円安く買える方法と、値引拡大や下取り査定アップの流れを紹介しています。